各線JR元町駅・阪神元町駅より徒歩4分 斜視・弱視専門眼科クリニック「やさしい目のクリニック」

tel:078-332-0083

お電話でのご予約
tel:078-332-0083
トップ画像

木村亜紀子院長は長く専門医・指導医として、斜視・弱視・神経眼科の領域において研磨を積んできました。
特に斜視手術においては全国トップクラスの経験と実績があります。

手術件数number of surgeries

斜視手術件数
約3400件 最近5年間(2019年~2023年)
眼瞼手術件数
約700件 最近5年間(2019年~2023年)

原著論文・総説・解説paper

最近10年

英語論文

  1. 1. Yamadera K, Kimura A, Okita Y, Mochizuki Y, Gomi F:
    Comparison of head tilt test between sagging eye syndrome and acquired unilateral trochlear nerve palsy.
    Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2023 Dec 23. doi: 10.1007/s00417-023-06347-z. Online ahead of print.PMID: 3814105
  2. 2. Okita Y, Kimura A, Masuda A, Mochizuki Y, Kondo M, Yamadera K, Gomi F:
    Yearly changes in cases of acute acquired comitant esotropia during a 12-year period.
    Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 261:2661-2668, 2023
  3. 3. Ochi H, Kurimoto T, Yamagami A, Goto K, Miki A, Kawai M, Ishikawa H, Matsuzaki M, Kondo M, Mochizuki Y, Kimura A, Maekubo T, Chuman H, Ueki S, Nakamura M:
    Structure-function relationship between magnetic resonance imaging lesion areas and visual field defects in initial optic neuritis with altitudinal hemianopsia.
    Jpn J Ophthalmol 67:618-627, 2023
  4. 4. Iimori H, Nishina S, Hieda O, Goseki T, Nishikawa N, Suzuki S, Hikoya A, Komori M, Suzuki H, Yoshida T, Hayashi S, Mori T, Kimura A, Morimoto T, Shimizu Y, Negishi T, Shimizu T, Yokoyama Y, Sugiyama Y, Azuma N, Sato M:
    Clinical presentations of acquired comitant esotropia in 5-35 years old Japanese and digital device usage: a multicenter registry data analysis study.
    Jpn J Ophthalmol 67:629-636, 2023
  5. 5. Yoshimura A, Hosotani Y, Kimura A, Kanda H, Okita Y, Uema Y, Gomi F:
    Quantitative evaluation of blinking in blepharospasm using electrooculogram-integrated smart eyeglasses.
    Sci Rep. 2023 ;13(1):9868. doi: 10.1038/s41598-023-36094-4.
  6. 6. Nishiguchi F, Ishikawa H, Amaki J, Komuku Y, Kimura A, Gomi F:
    Effects of cataract surgery in Japanese patients with neovascular age-related macular degeneration.
    Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 259:1145-1151, 2021
  7. 7. Nishiguchi F, Kimura A, Okamoto M, Okita Y, Gomi F:
    Outcomes of Extraocular Muscle Surgery for Diplopia or Abnormal Head Posture After Treatment of Brain Disease.
    Clin Ophthalmol. 2020 Jul 27;14:2151-2157.
  8. 8. Okita Y, Kimura A, Okamoto M, Mimura O, Gomi F:
    Surgical management of pediatric patients with congenital fibrosis of the extraocular muscles.
    Jpn J Ophthalmol 64:86-92, 2020
  9. 9. Mimura O, Ishikawa H, Kezuka T, Shikishima K, Suzuki T, Nakamura M, Chuman H, Inoue K, Kimura A, Yamagami A, Mihoya M, Nakao Y:
    Intravenous immunoglobulin treatment for steroid-resistant optic neuritis: a multicenter, double-blind, randomized, controlled phase III study.
    Jpn J Ophthalmol 65:122-132, 2020
  10. 10. Yamadera K, Ishikawa H, Imai A, Okamoto M, Kimura A, Mimura O, Gomi F:
    A Novel Method for Evaluation of Ocular Torsion Angle by Optical Coherence Tomography.
    Transl Vis Sci Technol. 2020 Feb 25;9(3):27. doi: 10.1167/tvst.9.3.27.
  11. 11. Wakayama A, Nishina S, Miki A, Utsumi T, Sugasawa J, Hayashi T, Sato M, Kimura A, Fujikado T:
    Incidence of side effects of topical atropine sulfate and cyclopentolate hydrochloride for cycloplegia in Japanese children: a multicenter study.
    Jpn J Ophthalmol 62:531-536, 2018
  12. 12. Takahashi Y, Kitaguchi Y, Nakakura S, Mito H, Kimura A, Kakizaki H:
    Correction of Excyclotropia by Surgery on the Inferior Rectus Muscle in Patients with Thyroid Eye Disease: A Retrospective, Observational Study.
    PLoS One. 2016, 11:e0159562. doi: 10.1371
  13. 13. Okamoto M, Kimura A, Masuda A, Mimura O:
    Surgical effects of nasal transposition of inferior rectus muscle - 135 cases of acquired superior oblique palsy.
    Clin Ophthalmol. 2015 Apr 18;9:691-5. doi: 10.2147/OPTH.S79482.
  14. 14. Watanabe S, Takeda M, Saito T, Kimura A, and Yoshikawa H:
    Chronic optic neuropathy in chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy.
    Neurology and Neuroscience 1: 78-81, 2014
  15. 15. Mimura O, Ishikawa H, Kimura N, Kimura A:
    Borlongan CV. Retrospective study of recession of four horizontal rectus muscle in periodic alternating nystagmus.
    Clinical Ophthalmology, 8, 2523-2528, 2014

日本語
(原著論文・総説・解説 ※症例報告と書籍は除く)

  1. 1. 木村 亜紀子: 今日からできる プチビジョンケア通信 高齢者の眼瞼痙攣.
    日本の眼科94:1570,2023
  2. 2. 廣田 茉莉佳, 木村 亜紀子, 望月 嘉人, 増田 明子, 原 克典, 五味 文:動眼神経の低形成を認めた幼児の頭位異常に対する治療経験.
    眼科臨床紀要16:626-629,2023.
  3. 3. 望月 嘉人, 木村 亜紀子:【ボツリヌス治療の新しい展開-各診療科と脳神経内科とのクロストーク-】斜視に対するボツリヌス治療 眼科から.
    脳神経内科99:114-118,2023
  4. 4. 平竹 純一朗, 木村 亜紀子, 増田 明子, 望月 嘉人, 五味 文:特発性眼窩炎症の臨床像.
    神経眼科40:32-37,2023
  5. 5. 木村 亜紀子, 三村 治:【視神経炎診療のブレークスルー-病態理解から新規治療まで】治療法の特性・副作用 免疫グロブリン大量静注(IVIG).
    臨床眼科77:205-209,2023
  6. 6. 三村 治, 木村 亜紀子:【眼疾患のガイドラインと診療指針解説とアップデート】抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎診療ガイドライン.
    眼科64:1329-1333,2022
  7. 7. 木村 亜紀子:治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 眼瞼痙攣.
    日本医事新報5140:45,2022
  8. 8. 木村 亜紀子:【弱視斜視分野の新しい動き】弱視斜視の基礎知識と最新研究.
    眼科グラフィック11:300-305,2022
  9. 9. 木村 亜紀子:【開業医が見逃してはならない外眼部疾患】眼瞼下垂と眼瞼けいれん.
    眼科グラフィック11:171-178,2022
  10. 10. 木村 亜紀子【覚えておきたい神経眼科疾患】視神経疾患 小児の視神経症.
    眼科63:1324-1333,2021
  11. 11. 望月 嘉人, 木村 亜紀子:【強度近視・病的近視をどう診るか】
    強度近視眼の斜視.105:39-44,2021
  12. 12. 木村 亜紀子【この症例このまま診ていて大丈夫? 病診連携にもとづく疾患別眼科診療ガイド】神経眼科 眼瞼痙攣.
    臨床眼科75:312-316,2021
  13. 13. 木村 亜紀子:【甲状腺眼症治療:新時代を迎えて】甲状腺眼症に対するボツリヌス毒素注射療法の実際(簡潔表題:甲状腺眼症へのボツリヌス注射の実際)
    日本甲状腺学会雑誌12:69-73.2021
  14. 14. 木村 亜紀子【これでバッチリ!小児の神経眼科】小児の重症筋無力症.
    あたらしい眼科38:1021-1026,2021
  15. 15. 三好 政輝, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 三村 治, 五味 文:本態性眼瞼痙攣に対するボツリヌス注射時における局所麻酔薬の疼痛緩和効果.
    神経眼科38:2-6,2021
  16. 16. 嶋田 祐子, 大北 陽一, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 五味 文:ボツリヌス治療中の本態性眼瞼痙攣患者のQOLとその影響因子.
    臨床眼科75:959-965,2021
  17. 17. 三村 治, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 五味 文, 仲村 真一:眼瞼痙攣に対する遮光レンズの効果.
    眼科63:465-471,2021
  18. 18. 望月 嘉人, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 福田 美穂, 近藤 美穂, 五味 文:非共同性斜視に対する斜視手術と満足度.
    日本眼科学会雑誌125:16-21,2021
  19. 19. 松岡 大貴, 木村 亜紀子, 増田 明子, 岡本 真奈, 望月 嘉人, 五味 文:外方回旋偏位に対する下直筋鼻側移動術と上斜筋強化手術併用の有効性.
    眼科臨床紀要14:267-272,2021
  20. 20. 木村 亜紀子:【こども眼科外来 はじめの一歩-乳幼児から小児まで-】こどもの神経眼科 はじめの一歩.
    OCULISTA98:66-74,2021
  21. 21. 田原 映理, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 大北 陽一, 笠間 周平, 五味 文:抗ガングリオシド抗体陽性の眼球運動障害の特徴.
    神経眼科37:293-297,2020
  22. 22. 木村 亜紀子:甲状腺眼症とハイブリッド治療.機械的斜視 克服へのアプローチ.
    神経眼科37:274-279,2020
  23. 23. 増田 明子, 木村 亜紀子, 望月 嘉人, 岡本 真奈, 五味 文:外斜視を合併した眼振への外眼筋手術.
    眼科臨床紀要14:36-40,2021
  24. 24. 増田 明子, 木村 亜紀子:【斜視-基本から実践まで-】麻痺性斜視.
    OCULISTA 93:37-45,2020
  25. 25. 木村 亜紀子:【すべて見せます!患者説明・同意書マニュアル】眼瞼 眼瞼痙攣のボトックス注射.
    臨床眼科74:32-33,2020
  26. 26. 三村 治, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 増田 明子, 五味 文:斜視に対するA型ボツリヌス毒素注射の治療効果.
    日本眼科学会雑誌124:637-643,2020
  27. 27. 大北 陽一, 木村 亜紀子, 山寺 克英, 今井 彩芽, 岡本 真奈, 五味 文:乳児眼振症候群における黄斑形態と静止位の検討.
    日本眼科学会雑誌124:621-627,2020
  28. 28. 近藤 美穂, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 大北 陽一, 五味 文:内方回旋斜視に対する治療成績.
    臨床眼科74:985-990,2020
  29. 29. 木村 亜紀子:眼科医の手引 小児の神経眼科疾患.
    日本の眼科91:882-883,2020
  30. 30. 木村 亜紀子:【知らずにすまない神経眼科疾患!】重症筋無力症.
    OCULISTA 83:65-71,2020
  31. 31. 木村 亜紀子:【眼科と薬剤】(第1部)最近の眼科薬物治療 神経眼科疾患 斜視に対する局所薬剤投与:
    眼科61:1185-1190,2019
  32. 32. 岡本 真奈, 木村 亜紀子:【実戦 メディカル眼科治療アップデート】メディカル眼科治療 神経眼科疾患 眼筋型重症筋無力症.
    臨床眼科73:211-215,2019
  33. 33. 木村 亜紀子:【免疫異常と眼炎症】重症筋無力症.
    日本医師会雑誌148:919-921,2019
  34. 34. 今井 彩芽, 木村 亜紀子, 増田 明子, 大北 陽一, 岡本 真奈, 三村 治, 五味 文:下直筋低形成に対する外眼筋手術.
    眼科臨床紀要12:470-474,2019
  35. 35. 山寺 克英, 木村 亜紀子, 増田 明子, 大北 陽一, 岡本 真奈, 三村 治, 五味 文:高齢者の間欠性外斜視に対する斜視手術は有効か.
    眼科臨床紀要12:465-469,2019
  36. 36. 木村 亜紀子【神経眼科診療を楽しもう!】眼球運動編 眼球運動障害治療のABC.
    あたらしい眼科36:593-599,2019
  37. 37. 三村 治, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 福田 美穂, 増田 明子:後天急性内斜視に対するボツリヌス毒素療法.
    眼科臨床紀要12:313-317,2019
  38. 38. 木村 亜紀子:【全身疾患と眼:新しい疾患概念による眼科診療の新展開】アクアポリン4抗体関連視神経疾患.
    あたらしい眼科36:17-22,2019
  39. 39. 木村 亜紀子【加齢性疾患への対応Q&A】斜視、白内障、神経眼科 斜視 Macular diplopiaについて教えてください(Q&A).
    あたらしい眼科35:168-170,2018
  40. 40. 増田 明子, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 福田 美穂, 三村 治, 五味 文:白内障術後に複視を自覚した斜視の検討.
    日本眼科学会雑誌122:753-757,2018
  41. 41. 岡本 真奈, 木村 亜紀子:【主訴と所見からみた眼科 common disease】所見からみた診断の進め方 眼位異常 麻痺性斜視・機械的斜視.
    眼科60:1171-1176,2018
  42. 42. 福田 美穂, 木村 亜紀子, 増田 明子, 岡本 真奈, 三村 治, 五味 文:手術既往のある共同性水平斜視に対する再手術成績.
    日本眼科学会雑誌122:503-508,2018
  43. 43. 木村 亜紀子:【強度近視を治療する】強度近視性内斜視の手術治療.
    眼科60:801-807,2018
  44. 44. 岡本 真奈, 木村 亜紀子:手術手技のコツ 非共同性斜視の手術戦略 機械的.
    眼科手術31:246-250,2018
  45. 45. 木村 亜紀子:【眼球運動障害のすべて】麻痺性斜視の薬物治療.
    あたらしい眼科35:337-342,2018
  46. 46. 木村 亜紀子, 三村 治, 一色 佳彦, 岡本 真奈, 五味 文:大斜視角の麻痺性内斜視へのボツリヌス毒素併用斜視手術後にみられた過矯正.
    神経眼科34:347-350,2017
  47. 47. 友成 早紀, 木村 亜紀子, 大北 陽一, 増田 明子, 三村 治, 五味 文:乳児眼振症候群に対する外眼筋手術の治療成績.
    神経眼科34:305-310,2017
  48. 48. 木村 亜紀子【難治性神経眼科疾患の治療を考える】視神経鞘髄膜腫.
    眼科60:133-139,2018
  49. 49. 大北 陽一, 木村 亜紀子, 増田 明子, 笠井 一郎, 三村 治:眼鏡型ウェアラブル端末が視機能と眼疲労に及ぼす影響.
    神経眼科34:435-442,2017
  50. 50. 三村 治, 木村 亜紀子, 一色 佳彦:難治性眼瞼痙攣患者に対する上眼瞼手術の影響.
    神経眼科34:429-434,2017
  51. 51. 三村 治, 木村 亜紀子, 一色 佳彦:甲状腺眼症に対するボツリヌス毒素注射併用直筋後転術.
    神経眼科34:161-166,2017
  52. 52. 木村 亜紀子:【眼科救急Q&A】救急疾患ごとの基本的な対処法 眼位・眼球運動 1週間前から斜視になったという患者が来ました。検査項目と対処法を教えてください(Q&A) .
    あたらしい眼科34巻臨増:128-131,2017
  53. 53. 木村 亜紀子:【眼科手術の適応-最新情報】斜視 Plication手術.
    眼科59:1053-1056,2017
  54. 54. 岡本 真奈,木村 亜紀子【眼科基本検査パーフェクトガイド-理論と実技のすべてがわかる】眼科検査の理論と実技 眼位・眼球運動検査,.
    臨床眼科71:70-78,2017
  55. 55. 岡本 真奈, 木村 亜紀子, 増田 明子, 福田 美穂, 三村 治:下直筋鼻側移動術の手術効果に影響を与える因子.
    日本眼科学会雑誌121:707-711,2017
  56. 56. 増田 明子, 木村 亜紀子:手術手技のコツ 斜視に対するボトックスの使い方.
    眼科手術30:474-477,2017
  57. 57. 木村 亜紀子:斜視と弱視のABC 甲状腺眼症.
    あたらしい眼科34:1149-1150,2017
  58. 58. 木村 亜紀子:【複視を診たらどうするか】垂直と斜めの複視.
    OCULISTA53:14-20,2017
  59. 59. 木村 亜紀子:【眼科で見つける!全身疾患】眼位・眼球運動から見つける全身疾患
    CULISTA 50:11-17,2017
  60. 60. 木村 亜紀子, 増田 明子, 岡本 真奈, 一色 佳彦, 三村 治, 風間 周平:Relapsing migratory idiopathic orbital myositisの3症例.
    神経眼科33:364-369,2016
  61. 61. 山寺 克英, 木村 亜紀子, 増田 明子, 岡本 真奈, 三村 治後天共同性内斜視の特徴と治療成績.
    眼科臨床紀要10:223-226,2017
  62. 62. 増田 明子, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 福田 美穂, 三村 治:Duane症候群に対する斜視手術の有効性.
    眼科臨床紀要10:124-128,2017
  63. 63. 梶谷 奈央, 木村 亜紀子, 大北 陽一, 萩原 聖子, 三村 治:乳児外斜視に対する治療経験.
    日本視能訓練士協会誌45:253-258,2016
  64. 64. 木村 亜紀子:難渋症例にチャレンジ!眼科診断トレーニング 左眼窩底骨折.
    眼科グラフィック5:489-490,2016
  65. 65. 近藤 美穂, 木村 亜紀子, 三村 治:麻痺性斜視手術が角膜乱視に与える影響.
    臨床眼科70:713-717,2016
  66. 66. 大草 直樹, 木村 亜紀子, 増田 明子, 大北 陽一, 三村 治:黄斑病変を伴う先天眼振のOCT所見と治療効果.5
    神経眼科32:371-376,201
  67. 67. 増田 明子, 木村 亜紀子, 岡本 真奈, 三村 治:強度近視性固定内斜視に対する上外直筋連合術の矯正効果.
    眼科臨床紀要9:133-135,2016
  68. 68. 木村 剛, 木村 亜紀子, 萩原 聖子, 渡部 真生, 増田 明子, 三村 治:下斜筋減弱術の回旋矯正効果.
    眼科臨床紀要9:125-128,2016
  69. 69. 山寺 克英, 木村 亜紀子, 大北 陽一, 嶋田 祐子, 増田 明子, 三村 治:回旋偏位20°以上の複視は改善できるか.
    眼科臨床紀要9:74-76,2016
  70. 70. 木村 亜紀子:【眼科再手術】斜視手術の再手術.
    眼科57:1347-1353,2015
  71. 71. 木村 亜紀子:麻痺性斜視の治療法.
    臨床眼科69:1583-1587,2015
  72. 72. 木村 亜紀子:斜視と関連疾患 眼筋型筋無力症.
    眼科57:1257-1262,2015
  73. 73. 木村 亜紀子:高齢者の斜視.
    日本眼科学会雑誌119:611-612,2015
  74. 74. 木村 亜紀子:斜視術後過矯正と再手術.
    眼科57:847-852,2015
  75. 75. 増田 明子, 木村 亜紀子:【眼疾患と斜視手術】網膜疾患と斜視手術.
    眼科手術28:197-201,2015
  76. 76. 木村 亜紀子:【斜視診療のコツ】甲状腺眼症.
    OCULISTA25:60-64,2015
  77. 77. 木村 亜紀子【眼科診療のエッセンスQ&A】神経眼科疾患と全身疾患(Q7) ボツリヌス毒素療法が無効な眼瞼痙攣の対処法は(Q&A).
    あたらしい眼科31:142-143,2014
  78. 78. 大北 陽一, 木村 亜紀子:【スタッフのハテナ50にお答えします!子どもの目の検査と病気】(4章)子どもの目の手術で知っておきたい5項目 子どもの斜視の手術適応や手術時期は?.
    眼科ケア2014冬季増刊154-159,2014
  79. 79. 木村 亜紀子, 嶋田 祐子, 増田 明子, 三村 治:甲状腺眼症の垂直・回旋融像域の検討.
    兵庫医科大学医学会雑誌39:43-46,2014
  80. 80. 大北 陽一, 木村 亜紀子:【エキスパートからノウハウを学ぶ!弱視・斜視スペシャルノート[疾患と治療編]】斜視の治療.
    眼科ケア16:932-939,2014
  81. 81. 木村 亜紀子:【ターゲット別!画像診断お助けガイド-基本画像から最新モダリティまで】小児の特異性 小児の外眼筋.
    臨床眼科68:362-364,2014
  82. 82. 木村 亜紀子:【眼科外来標準検査 実践マニュアル】視力検査 小児不同視弱視の視力矯正.
    OCULISTA19:10-14,2014
  83. 83. 木村 亜紀子:【迷うことが多い小児疾患の診かた】わかりやすい臨床講座 紛らわしい斜視と複視
    日本の眼科85:915-920,2014
  84. 84. 木村 亜紀子:【視神経症のよりよい診療】特発性および脱髄性視神経炎
    OCULISTA13:14-19,2014
  85. 85. 増田 明子, 木村 亜紀子, 嶋田 祐子, 大北 陽一, 三村 治:輻湊不全型間欠性外斜視における斜視手術前後での3D認識の変化
    眼科臨床紀要7:43-46,2014
  86. 86. 仁科幸子,若山曉美,三木淳司,内海隆,羅錦營,林孝雄,臼井千恵,大月洋,宮田学,佐藤美保,三村治,木村亜紀子,菅澤淳,中村桂子,不二門尚:3D立体映像の視聴に関する実態調査:多施設共同研究
    日本眼科学会雑誌117:971-982,2014
  87. 87. 間原千草,木村亜紀子,嶌岡文,辻本勝也,三村治:乱視の関与する屈折異常弱視の治療予後
    日本視能訓練士協会誌42:71-76,2014

トップに戻る

講演実績lecture

※一般講演は除く

2024年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2024/06/29 第63回京都眼科フォーラム 招待講演 「気のせい」ではない複視
2024/06/15 第17回箱根ドライアイクラブ 招待講演 内障術後の複視ー術前に診断できますか?
2024/06/09 第53回眼科医療フォーラム(徳島) 特別講演 神経炎 早期診断の重要性ー背後に潜む視神経脊髄炎
2024/03/10 第5回愛知視能訓練士学術集会 特別講演 眼球運動の診方・考え方ー臨床編
2024/03/02 第14回静岡県眼科フォーラム 特別講演 大学で取り組んだ難治性斜視への対応
2024/01/10 SENJU Live Webセミナー(福山) 特別講演 小児斜視診療のpitfall

リストに戻る

2023年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2023/12/06 東大眼科茶話会 特別講演 『眼位異常への対応―大人と子供でこんなに違う』
2023/12/02 第61回日本神経眼科学会総会(東京) モーニングセミナー 眼窩疾患―眼が腫れている!
2023/12/01 第61回日本神経眼科学会総会(東京) イブニングセミナー 病原性自己抗体陰性 眼筋型筋無力症―診断できますか? ―
2023/11/11 姫路市眼科医会 特別講演 ―難治性斜視に対する手術治療ー
2023/10/22 第8回 北陸斜視・小児眼科の会(金沢市) 特別講演 小児斜視診療のpitfall
2023/10/09 第77回日本臨床眼科学会 共催セミナー(東京) モーニングセミナー18 網膜疾患における視力不良と斜視-その対策
2023/09/30 第4回神経眼科東海セミナー(名古屋市) 特別講演 神経眼科と斜視の接点-難治性斜視に対する手術治療
2023/09/14 第156回倉敷眼科臨床懇話会(倉敷市) 特別講演 小児斜視弱視の病診連携
2023/07/29 第84回生涯教育講座(名古屋市) 講演 小児神経疾患を見落とさない極意
2023/07/27 Neuro-Ophthalmology Seminar in Himeji(姫路市) 特別講演 視神経炎の病診連携
2023/07/16 第35回近畿神経眼科セミナー(Web) 講演 日本神経眼科学会認定講演会
2023/07/15 第84回生涯教育講座(東京) 講演 小児神経疾患を見落とさない極意
2023/07/13 江東眼科学術研究会(Web) 特別講演 患者とトラブルになりかねない『複視』
2023/06/23 町田市医師会学術講演会(町田市/Web) 特別講演 気のせいではない『複視』
2023/04/22 第114回秋田県眼科集談会(秋田市/Web) 特別講演 気のせいではない「複視」
2023/04/09 第127回日本眼科学会(東京) スキルトランスファー すぐにできる検影法-レチノスコピー基本取得コース-
2023/02/18 第20回近畿弱視斜視アフタヌーンセミナー(Web) 講演 急性内斜視の診断と治療
2023/02/12 第48回長野県眼科フォーラム(松本市/Web) 特別講演 小児の斜視-病診連携の注意点
2023/01/07 第1回 EOSの会(松山市) 特別講演 白内障術後の複視

リストに戻る

2022年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2022/11/17 第4回Subspecialty Update Meeting(Web) 特別講演 小児の斜視弱視-病診連携の適切なタイミング
2022/11/05 第36回日本眼窩疾患シンポジウム(豊中市) 教育講演 神経眼科と眼形成の接点 -視機能改善と整容的満足-
2022/10/01 第18回小児眼科診療セミナー(Web) 教育講演 小児の神経眼科疾患の診かた
2022/08/27 第13回日本スポーツ視覚研究会(Web) 特別講演 スポーツ選手にも生じる複視
2022/08/20 眼科臨床実践講座2022(東京/Web) 講演 眼球運動障害
2022/07/07 WEB講演会「視神経炎の急性治療」(Web) 特別講演 チームで取り組む視神経炎の治療
2022/06/23 第三回和歌山NMOSD連携セミナー(Web) 特別講演 NMOSD-抗AQP4抗体陽性視神経炎の治療
2022/06/18 第78回日本弱視斜視学会総会 (宇都宮市) ランチョンセミナー みんなで学ぼう!小児眼科 神経眼科編
2022/06/04 第95回日本内分泌学会学術総会(別府市/Web) ランチョンセミナー 甲状腺眼症 -整容的問題と複視-
2022/05/28 おおしま眼科グループ合同勉強会(高槻市/Web) 特別講演 小児の斜視弱視:病院連携のタイミング
2022/04/17 第126回日本眼科学会総会(大阪市/Web) スキルトランスファー すぐにできる検影法-レチノスコピー基本習得コース-
2022/03/03 Chugai NMOSD Meeting in Hyogo(Web) ディスカッション(Web) NMOSD患者のトータルケアについて
2022/02/26 愛知県眼科医会第4回学術研修会(Web) 特別講演(Web) 神経眼科からみた視野異常
2022/02/24 視神経セミナー in 大阪(Web) 特別講演(Web) 眼科医にとっての視神経炎
2022/02/24 視神経セミナー in 大阪(Web) ディスカッション(Web) 視神経炎の医療連携
2022/02/19 兵庫県眼科医会臨時総会(神戸市) 特別講演 外観上目立たない斜視-複視でとても困っています-
2022/02/05 第58回京都眼科フォーラム(Web) 特別講演(Web) 初診医として見逃したくない神経眼科疾患

リストに戻る

2021年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2021/12/18 第59回日本神経眼科学会総会 共催セミナー(東京/Web) 一般講演 眼科医にとっての重筋無力症-これまでとこれから
2021/11/13 兵庫県眼科医会 視神経脊髄炎セミナー(Web) 特別講演 難治性視神経症とその予後
2021/10/17 瀬戸内眼科コロシアム2021(広島市/Web) 特別講演(Web) 先天眼振の診方
2021/10/02 GONIG 2021(金沢市/Web) 特別講演 甲状腺眼症のステロイド治療と斜視手術
2021/09/18 第8回日本ボツリヌス治療学会学術大会(Web) 教育講演 眼科領域におけるボツリヌス治療
2021/07/21 Okayama Ophthalmic Remote Lecture(Web) 教育講演(Web) これだけは押さえておきたい神経眼科疾患-予後不良な疾患を見逃すな!
2021/07/12 第77回日本弱視斜視学会総会 共催セミナー(Web) ランチョンセミナー(Web) 重症筋無力症-眼科医・視能訓練士の大きな役割を忘れていませんか?-
2021/07/11 第5回鳥取県眼科アカデミア(Web) 特別講演(Web) もう一度、視覚路について考えよう
2021/07/08 第1回南大阪NMOSD連携の会(堺市/Web) 特別講演 「難治性視神経炎」~NMOにおける眼科診療と課題~
2021/07/02 第77回日本弱視斜視学会総会 共催セミナー(横浜市) ランチョンセミナー 弱視診断に至るまでの“3 密”を知る~機序・健診・確定診断~ 「弱視の確定診断」
2021/07/01 コスミックコーポレーション専門医レクチャー(Web) Web 眼科医は見逃してはいけない!日常診療に潜む重症筋無力症
2021/06/06 愛媛県眼科フォーラム(Web) 特別講演(Web) 小児の斜視弱視-病診連携のタイミング-
2021/05/22 第3回日本近視学会総会(東京) シンポジウム 近視性斜視の病態と治療
2021/04/23 第13回筑後眼科フォーラム(Web) 特別講演 小児の斜視弱視-大事な時期を見逃していませんか?-
2021/04/09 第125回日本眼科学会総会(大阪市/Web) スキルトランスファー すぐにできる検影法-レチノスコピー基本習得コース-
2021/03/25 第2回Ophthalmic New Academy(Web) 受賞記念講演 娘とともに歩んだ神経眼科・斜視弱視の道
2021/03/18 YOKOHAMA RETINA NIGHT Season 5(横浜市) 特別講演 小児の斜視弱視診療における病診連携
2021/03/12 第3回琉大眼科診療連携セミナー(那覇市/Web) 特別講演 加齢に伴って診られる斜視
2021/02/27 第19回近畿弱視斜視アフタヌーンセミナー(豊中市/Web) ワークショップ 弱視・斜視の基礎・林宗と最新情報-その4
2021/02/26 HYOGO NMOSDカンファレンス~NMOSD治療の夜明けを語る~(Web) パネルディスカッション NMOSD治療の夜明けを語る
2021/02/07 第52回筑波大学眼科集談会(つくば市) 特別講演 神経眼科における視野・視力障害

リストに戻る

2020年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2020/11/22 第186回岡山県眼科医会生涯教育講座(Web) 教育講演 加齢に伴ってみられる神経眼科疾患
2020/11/15 第82回富山眼科集談会(Web) 特別講演 複視の患者の診方
2020/10/18 第74回日本臨床眼科学会(Web) シンポジウム 新たな複視の病態を探る
2020/10/15 第74回日本臨床眼科学会(Web) インストラクションコース やさしい神経眼科 vol.x
2020/09/24 視神経セミナー in 大阪(Web) パネルディスカッション 視神経炎の急性期治療について
2020/07/14 視神経炎UpToDate(Web) Web講演 視神経炎-新しい治療法と治療予後-
2020/06/27 第76回日本弱視斜視学会総会・第45回日本小児眼科学会総会 合同学会(Web) ランチョンセミナー 小児診療 エキスパートの知恵袋「神経眼科編」
2020/04/27 第124回日本眼科学会(Web) 教育セミナー(Web) 眼瞼痙攣の診断
2020/03/28 第16回小児眼科診察セミナー(東京) 特別講演 小児の神経眼科疾患の診かた
2020/03/01 日本眼科医会第78回生涯教育講座(福岡市) 教育講演 加齢に伴ってみられる神経眼科疾患
2020/02/16 日本眼科医会第78回生涯教育講座(東京) 教育講演 加齢に伴ってみられる神経眼科疾患
2020/02/13 第16回湘南眼科倶楽部(鎌倉市) 特別講演 小児の斜弱視治療-治療のタイミング-
2020/01/18 第33回 山口眼科フォーラム(山口市) 特別講演 複視の対処法-上下・回旋斜視を中心に

リストに戻る

2019年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2019/12/01 第60回日本視能矯正学会(福岡市) シンポジウム 高齢者の斜視を考える 高齢者の斜視に対する診断
2019/11/07 AAPOS-RANZCO-APSPOS 2019 Joint Meeting(Sydney) Potter Surgical Results and Satisfaction Survey for Patients with Incomitant Strabismus
2019/10/25 第73回日本臨床眼科学会(京都市) シンポジウム 機械的斜視克服へのアプローチ
2019/10/24 第73回日本臨床眼科学会(京都市) インストラクションコース やさしい神経眼科 vol.9
2019/10/19 第9回 山形眼科フォーラム(山形市) 特別講演 神経眼科からみた視野異常
2019/09/27 第6回日本ボツリヌス治療学会学術大会(東京) シンポジウム 眼瞼痙攣治療のこつと難治性への対応
2019/09/07 第7回 盛岡手術懇話会(盛岡市) 特別講演 小児の斜視弱視診療-手術のタイミング-
2019/08/24 Eye Care Strategy Seminar(東京都) 特別講演 神経眼科の視野異常
2019/08/04 第9回 EYE-CHI Update Seminar(名古屋市) 特別講演 眼瞼痙攣の診断と治療
2019/06/15 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会(浜松市) ランチョンセミナー 小児視神経炎の特徴
2019/05/01 The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO 2019)(Vancouver) Poster Visual function responses to extraocular muscle surgery for intermittent exotropia in young and elderly patients
2019/04/26 松山市眼科医会定例会プログラム(松山市) 特別講演 小児の斜視弱視診療-大切なポイント-

リストに戻る

2018年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2018/12/15 第56回日本神経眼科学会総会(神戸市) 教育セミナー 眼球運動障害治療のABC
2018/12/14 第56回日本神経眼科学会総会(神戸市) 共催シンポジウム 神経眼科 東西対抗!
2018/11/03 第8回山形眼科フォーラム(山形市) 特別講演 小児の斜視弱視―診療の基本の基本―
2018/10/21 第4回北陸斜視・小児眼科の会(金沢市) 特別講演 麻痺性斜視への対応
2018/10/11 第72回日本臨床眼科学会(東京) インストラクションコース やさしい神経眼科 vol.8
2018/09/21 第5回日本ボツリヌス治療学会学術大会(東京) シンポジウム ボツリヌス治療の手技・工夫―眼瞼痙攣・顔面痙攣―
2018/09/08 愛知県眼科医会第2回学術研修会(名古屋) 特別講演 複視に対する対処法
2018/08/18 第17回札幌医大眼科研究会(札幌市) 日本神経眼科学会認定講習会 先天眼振の診断と治療
2018/06/02 第25回 KPUM眼科診療スキルアップセミナー(京都市) 特別講演 神経眼科疾患における視力低下
2018/05/01 The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO 2018 Annual Meeting)(Honolulu) Poster Long-term results of extraocular muscle surgery for thyroid ophthalmopathy
2018/05/01 The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO 2018 Annual Meeting)(Honolulu) Poster Features of ocular motility disorders due to traffic accidents requiring extraocular muscle surgery
2018/04/22 第122回日本眼科学会総会(大阪) スキルトランスファー すぐにできる検影法―レチノスコピー基本習得コース―
2018/03/31 第1回愛知医大眼形成・「そ~りゃ」的はなしを聞く 特別講演 Diagnosis and treatment for Thyroid associated Ophthalmopathy
2018/03/22 加古川・高砂眼科医会勉強会 特別講演 小児の斜視弱視―治療のタイミング
2018/03/17 第10回尾張視能訓練士勉強会 特別講演 神経眼科と斜視の接点―診断と治療の考え方―
2018/03/03 第43回日本小児眼科学会総会 フェアウェルセミナー 先天眼振を治療しよう
2018/02/18 第5回雪明・新潟眼科フォーラム 特別講演 先天眼振の診断と治療
2018/02/08 第78回あやめ池眼科懇談会 特別講演 上下斜視の診方・考え方

リストに戻る

2017年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2017/11/23 ビジョンケアセミナー2017 小児眼科セッション 先天眼振の診方
2017/10/15 第71回日本臨床眼科学会 視能訓練士プログラム 上下斜視の臨床診断の仕方
2017/10/14 第71回日本臨床眼科学会 インストラクションコース やさしい神経眼科
2017/10/13 第71回日本臨床眼科学会 シンポジウム 上斜筋麻痺以外の麻痺性斜視の術後長期経過
2017/09/30 第4回日本ボツリヌス治療学会学術大会 シンポジウム 眼科疾患におけるボツリヌス治療
2017/09/09 ミケルナ配合点眼液発売記念講演会 特別講演 複視に対する対処法
2017/08/27 眼科アップデートセミナーin岡山2017 特別講演 視神経疾患を理解する
2017/07/29 第6回 New HOPS(New Hansin Ophthalmic Practitioner Study) 特別講演 やさしい斜視・弱視診療
2017/07/08 第27回 千葉臨床眼科フォーラム 特別講演 複視に対する対処法
2017/06/24 第11回神経眼科コロキウム―細雪の会― 教育講演 頭蓋内疾患
2017/06/17 第73回日本弱視斜視学会総会 第42回日本小児眼科学会総会 合同学会 シンポジウム 甲状腺眼症―データに基づく治療戦略
2017/05/20 第11回四国Eyeランドセミナー 特別講演 小児の斜視弱視
2017/04/09 第121回日本眼科学会総会 スキルトランスファー すぐにできる検影法―レチノスコピー基本習得コース―
2017/04/07 第121回日本眼科学会総会 教育セミナー 小児の斜視 経過観察の仕方
2017/03/25 第11回東北眼科フォーラム 特別講演 視野異常を読む
2017/03/18 HYOGO Ophthalmic Surgeons’ Forum Special lecture 小児の斜視弱視―手術のタイミング
2017/02/25 第16回近畿弱視斜視アフタヌーンセミナー 教育講演 上下斜視の臨床と最新情報
2017/02/22 第2回学校医講習会 教育講演 視機能の発達と弱視・斜視
2017/02/05 第16回広島神経眼科セミナー 特別講演 眼位・眼球運動の診方とその対処法
2017/02/04 第13回滋賀県眼科治療フォーラム 特別講演 小児の斜視弱視の診方
2017/01/29 第40回日本眼科手術学会学術総会 シンポジウム 斜視に対するボツリヌス治療―その実際

リストに戻る

2016年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2016/12/17 第1回兵庫アイカンファランス 特別講演 難治性斜視症例への取り組み
2016/12/11 SUSANOO会 特別講演 先天眼振の診断と治療
2016/12/03 第15回三河視能訓練士勉強会 特別講演 神経眼科と斜視の接点
2016/11/11 第19回 Hospital and Clinic Cooperation in Tokyo 特別講演 見逃しやすい神経眼科疾患の診断とコツ
2016/11/05 日本眼科学会専門医制度第64回講習会 指定演題 眼位・眼球運動の診方の最新
2016/11/04 第70回日本臨床眼科学会 ランチョンセミナー 温故知新の視神経炎の診断法
2016/11/03 第70回日本臨床眼科学会 インストラクションコース やさしい神経眼科 vol.6
2016/10/16 第57回日本視能矯正学会 モーニングセミナー 斜視の治療ポイント
2016/10/01 第7回姫路オフサルミックセミナー 特別講演 小児斜視の診断から術後管理まで
2016/09/30 第3回日本ボツリヌス治療学会学術大会 シンポジウム 斜視に対するA型ボツリヌス毒素療法―術中使用経験―
2016/08/26 Asia Pacific Society of Ophthalmic Plastic & Reconstructive Surgery Japanese Society of Ophthalmic Plastic & Reconstructive Surgery (9th APSOPRS & 4th JSOPRS JOINT MEETING) Strabismus surgery
2016/08/06 第413回大阪眼科集談会 特別講演 小児の斜視弱視と眼鏡処方
2016/05/28 第10回神経眼科コロキウム―細雪の会― 教育講演 複視をみたら
2016/05/15 第5回日本視野学会学術集会 ランチョンセミナー 視路疾患における視野の見方
2016/04/16 第53回大阪眼科手術の会 特別講演 甲状腺眼症の手術治療
2016/03/19 第4回宮城オフサルモロジーセミナー(仙台) 特別講演 小児の斜視弱視―私のヒヤリハット
2016/02/18 兵庫区眼科講演会(パンジーの会)(神戸) 特別講演 斜視―手術のタイミング
2016/02/12 第65回筑波TOC・第14回茨城県眼科医会フォーラム(つくば) 特別講演 小児の斜視弱視―診療の基本の基本―
2016/01/30 第39回日本眼科手術学会学術総会(福岡) シンポジウム 上下回旋斜視の治療戦略
2016/01/16 第27回長野県眼科フォーラム(諏訪市) 特別講演 小児の斜視弱視の診方

リストに戻る

2015年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2015/11/28 第17回大阪赤十字眼科フォーラム(大阪) 特別講演 斜視診療の基本の基本
2015/11/08 第56回日本視能矯正学会(東京) シンポジウム 手術の必要な複視と斜視手術
2015/11/07 第53回日本神経眼科学会総会(大宮) 教育セミナー 眼球運動障害を理解する
2015/10/31 第31回とやま眼科学術講演会(富山) 特別講演 複視に対する対処法
2015/10/23 第69回日本臨床眼科学会(名古屋) イブニングセミナー A型ボツリヌス毒素製剤ボトックス® 講習・実技セミナー(眼瞼痙攣/片側顔面痙攣)
2015/10/03 日本ボツリヌス治療学会 第2回学術大会(東京) シンポジウム 眼瞼痙攣―眼科医の立場から―
2015/08/30 第3回Tokai Ophthalmic Academy(名古屋) 特別講演 やさしい神経眼科―視力低下と複視―
2015/08/02 眼科臨床実践講座2015(東京) 教育講演 神経眼科REVISIT 診断の実際とコツ
2015/07/25 第9回鳥取県中西部眼科研究会―JOYの会―(米子) 特別講演 神経眼科疾患に必要な検査と診断
2015/06/14 三重眼科アカデミー2015(津) 特別講演 斜視・弱視診療の最新の知見
2015/06/04 第11回中部眼科研究会(倉吉) 特別講演 小児の斜視弱視と成人の麻痺性斜視―経過観察の大きな違い
2015/05/23 兵庫県西部地区眼科医会講演会(姫路) 特別講演 難治性視神経炎の診断と治療
2015/05/16 第15回静岡県眼科学術セミナー(静岡) 特別講演 神経眼科疾患の診かた
2015/04/19 第119回日本眼科学会総会(札幌) サブスペシャリティーサンデー 意外と多い甲状腺眼症の診かた
2015/04/19 第119回日本眼科学会総会(札幌) Best of AAO 斜視・弱視・小児眼科・神経眼科
2015/03/28 第12回兵庫県オフサルミックセミナー(神戸) 特別講演 子供の斜視弱視の診かた
2015/02/19 第2回神奈川小児眼科・神経眼科カンファレンス(横浜) 特別講演 中枢性眼球運動障害に対する斜視手術―QOL向上を目指して―
2015/02/14 第29回山形眼科先進医療研究会(山形) 特別講演 視力低下と複視

リストに戻る

2014年
日程 講演会名 講演内容 演題名
2014/12/01 XII Meeting of the ISA Kyoto-Japan(Kyoto) Poster presentation The field of binocular single vision can be expanded following surgery for paralytic strabismus?
2014/11/30 第70回日本弱視斜視学会総会・第39回日本小児眼科学会総会・アメリカ小児眼科斜視学会 合同学会(京都) ランチョンセミナ- 注射の仕方の工夫と長期予後
2014/11/29 第70回日本弱視斜視学会総会・第39回日本小児眼科学会総会・アメリカ小児眼科斜視学会 合同学会(京都) 講習会講演 紛らわしい斜視と複視
2014/11/15 第68回日本臨床眼科学会(神戸) インストラクションコース やさしい神経眼科
2014/09/26 The 2nd Asia-Pacific Glaucoma Congress The 10th International Symposium of Ophthalmology-Hong Kong(Hong Kong) Poster presentation Development of acute angle-closure glaucoma after strabismus surgery
2014/09/19 日本ボツリヌス治療学会 第1回学術大会(東京) シンポジウム 「片側顔面けいれんを治療する」眼科医の立場から
2014/07/19 第27回近畿神経眼科セミナー(大阪) 特別講演 中枢性眼球運動障害に対する外科的治療
2014/05/24 第8回神経眼科コロキウム―細雪の会―(芦屋) 教育講演 眼位・眼球運動と画像をみる
2014/04/26 第157回宮崎県眼科医会講習会(宮崎) 特別講演 小児の斜視弱視―診断と治療のワンポイントアドバイス―
2014/04/13 第117回日本小児科学会学術集会(名古屋) 教育講演 斜視・弱視・屈折異常で小児科医が知っておくべきこと
2014/04/05 World Ophthalmology Congress (WOC2014)(Tokyo) Invited Symposium Thyroid Eye Disease Treatment strategy for strabismus on Graves' ophthalmopathy
2014/04/02 World Ophthalmology Congress (WOC2014)(Tokyo) Poster presentation Surgical treatment for WEBINO syndrome - 2 cases report -
2014/04/02 World Ophthalmology Congress (WOC2014)(Tokyo) Poster presentation A case of HCV positive Graves ophthalmopathy patient who needs staged surgery

リストに戻る

トップに戻る